2016,3,31

4歳の頃
隣に暮らす小さな私よりもさらに小さな男の子を連れ
近くの平和公園に遊びに行きました。
いつもの土手を歩き
橋を渡ると公園です。
桜がたくさん咲いていました。
どこもかしこも桜です。
たくさんの桜にどこも同じに見えてきた私は方向を失い
小さなその男の子を連れ半分泣きたい気持ちで歩いてました。
すると心配顔の父が車で通りかかり連れて帰ってくれました。
帰ると近所の大人たちに囲まれて、
なんだか自分はいけない子のような持ちになり泣きました。
大人たちは怒ってはいなかったみたいですが
口々に何かいっていたような気がします。
家では父や母は怒りませんでした。
笑ってご飯を食べました。
でも、大人になるまで桜は魔法のようで怖かったです。
b0062335_2349131.jpg

b0062335_2349175.jpg

b0062335_2349155.jpg




iPhoneから送信
[PR]
by unima | 2016-04-07 00:19 | ひとりごと

illustration/shadow show/pappets design/short story/Ilove art. And I want smile smile. hope no war.


by unima
プロフィールを見る
画像一覧