<   2017年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

お節介じゃったかな^-^

知らない若者にも気持ち伝える
出来事2つ。( ͡° ͜ʖ ͡°)
1つは今朝。。。
伝道師の人がよく冊子を配りに来るよね。一生懸命だからと一応受け取る。
「●●は自然界からヒントを得て色々なものが作られますよと書いてあります。自然は偶然だとか何かが意図があって作られたとか言われていますが?どちらと思われますか?」と。
真剣な若い彼女に私は言った。
「自然は考え以上のものだと思います。そのまんま。自然界はバランスが取れているとおもいます。何かが発生してその都度の状況に応じて変化していき、そぐわなければバランス崩れて滅びていき、生き残ったものが今、生きていて、それを人は選ばれたとかそうなるべくして。。とかいうけれども、それは結果論ではないか?と思うのです。流れの途中の今をみてあるだけでは?人間も自然。昔のキリストやブッダやいろんな人間達も今の人間のようにどう生きたら生きやすいかと考えていたと思うのです、結果、生き残った考えや伝えられた人物などを現代の人間は崇拝していると思うのですが、その考えの根本は同じで、それぞれの方を崇拝するグループが存在しますが、それぞれの今に至るまでに団体としてのまとまりを保つために決まり事などを決めて来ていると思うのです、その決まりごとは平和を保つための決まりごとであったのに、いつの間にかその枝葉の決まりごとが重要になりその奥の共通の平和願望は忘れ去られ、枝葉が違うグループと争いごとを起こしたりして。本末転倒だと思っています。
自然は特定の神が作ったものでもないし、特定のグループで何か特定な神を崇拝するのはとても人間の思考的な部分の表れであると私は思います。
人間も自然の一部で想像では計り知れないバランスの元成り立っている。と。
思考は増大しあたかも人間が特別なもののように考え始めていますが、それは暴走だと私は考えています。人間が人間中心に人間の都合良い思考の世界を作り上げて言っているのでは。?もっと、空っぽにして自然を観察したら良いと思います。
そうしたらもっと謙虚にゆっくりと生きたくなるのではないかと。。。。。」と、私個人の想いを伝えました。その人も真剣にそのグループに入ったのだろうと思ったので。彼女は彼女で良かれとこれで幸せになると思い伝えているのだと思ったから。
でも、その枠の中に生きていても広くあって欲しいと〜出会った人に、伝えています。でも、個人的な考えなので間違っているかもしれないし。

以前の印象的な青年の話
昨年、水道管の掃除の勧誘業者の若い子が来て、あまりに一生懸命なので一応お話は聞きましたが断りました。
「すぐに直ぐに。。。」というので、「そんな営業の仕方では、やり逃げのようで誰も不安がって信頼が全くできずに作業はさせてくれないと思うよ。考える時間をもたせてあげないと。それくらい自信持って勧められない仕事はしない方が良いよ❗️」と言った。
彼と話すと本当は美容師になりたくて、そこの社長が頑張ったら将来は美容院をもたせてやるとその水道管の掃除業者の社長に言われて今は我慢してやっているとのこと。
それはもしかしたら美容師になるんではなくて経営かもしれない。でも、経営させてくれたら全く良い方で、ただの使い捨てで雇われているのではないか⁉️そんなに信頼できる会社なのか?そもそも。
しかも、彼は経営ではなく美容師になりたいはず❗️ではないのか?と私は考えた。
それならば、美容師の見習いをした方が絶対に良いし、いつかやる、いつかやる、では美容師の技術的な仕事は絶対できない。人間は日々していることが癖となり身につくので、インチキなことしていたらその考えが体質がが癖になるから、誠意ある仕事ができなくなるし、美容師になりたいなら美容師に関係あることを直ぐにでも始めた方が良いといった。
あの青年はどうなっただろうか?
その後、回覧で悪徳業者が水道管の掃除をするからと勧誘に来ていると、その会社は訴えられて裁判になっているから気をつけるようにと回って来た。彼はまだ、ウブで一生懸命でバレバレだったから、まだ、救われたが。。。

私が正しいとは全く限らないし、世の中とずれていたりしているかもしれないし、私が生活が楽に暮らしているわけでもないから、誠意だけでは世の中渡りにくいのかもしれない。けど、その人たちがもし自分の家族だとしたら。。と、ゆっくり穏やかに暮らして欲しいと思うから。。お節介をしている。

画像に含まれている可能性があるもの:猫、室内

[PR]
by unima | 2017-01-19 13:52 | ひとりごと

illustration/shadow show/pappets design/short story/Ilove art. And I want smile smile. hope no war.


by unima
プロフィールを見る
画像一覧