ジャマイカ祭り+おさんぽマーケット

b0062335_19473135.jpg
b0062335_19421539.jpg

[PR]
# by unima | 2015-09-28 19:47 | イベント

-

こんにちわ
ついつい
フェイスブックに投稿だけしてました
上田小百合
ご観覧ください。
F995.gif
ウエダサユリ
ドコモガラ携より
[PR]
# by unima | 2015-08-11 15:43

冊子ウニマニ誌 1作りました。^-^

冊子・・^-^
ile:///Users/uedasayuri/1018527_10571014/HTML/list1.html
レトロとアートとヒトリゴト

写真と文章。。

ヒトのココロをノックする。

雑貨ブックです。

お気に入りの写真を絵のように飾る。

言葉を繰り返し
自分を勇気づける。

そんな
雑貨のような
小さな写真本です。

取扱していただけるお店募集中です。。^-^
32ページ A5版です。
b0062335_16312573.jpg

b0062335_1632432.jpg

b0062335_9412135.jpg

b0062335_16315086.jpg

b0062335_16313743.jpg

b0062335_16321721.jpg

[PR]
# by unima | 2015-05-08 16:34 | アート

-

b0062335_10121721.jpg

b0062335_10121736.jpg

b0062335_10121770.jpg

北海道のような
さらさら
パウダースノーなのだろうか
風に吹かれて樹々の雪が粉のように舞い上がる
北海道は重たい雪らしいが
こんな感じなのか

sayuri Ueda
[PR]
# by unima | 2014-12-17 10:12

-

b0062335_16373946.jpg


sayuri Ueda
[PR]
# by unima | 2014-12-16 16:37

-

b0062335_7411029.jpg

b0062335_7411056.jpg

おはようっ!
sayuri Ueda
[PR]
# by unima | 2014-11-11 07:41

時代の続き

先ほどの補足だが

急激に駆け上がって
八十年代には
一部のヒトが
ドーナツ化現象に気がつかず
バブルはじけましたとかって
はじめから
何もないのに

それから
すこしとまどいがあったり
停滞しているようにみえるけど
しっかり
生きている
ひとりひとりのひとたちは
わかってる。

じっくりおちついて
大切にしていくんだって

そう生きますよって

ねっ。



sayuri Ueda
[PR]
# by unima | 2014-10-27 18:31 | ひとりごと

時代の変化

今から37年前
ここの隣の家に引っ越してきた。
その当時からは
町並みはあまり変わらない。
アストラムが出来たり
山陽自動車道が出来たりしたけど
コンビニとかカラオケとか

でも基本はあまり変わらない。

その37年前の
ワタシが引っ越してきた頃から37年前は
なんと戦時中だ。
しかも
まだこれからヒトラーが勢力を増してきて
零戦が正式に採用になったり
これから激戦化していく時代だ。
それからどんどん国民は食べる物もなくなり
戦火は激しくなり家を焼かれ
軍国主義として
思想までゆがめられて・・・。
そして
原爆が落ち・・・
ワタシの両親はそれぞれに両親も家も失い
戦争が終わった。

それからは
あちこちの焼け野原から人々は立ち上がり
それでもまだ何もなくて
資本主義、民主主義にて
いろいろな経済が急成長し劇的に変わっていく。

家の作りも日本家屋から西洋風になり
電化製品もどんどん開発され
そんな中で生まれ世界は変わると
なんとなく
それが当たり前に
そんな中で成長する。

ワタシは中区に住んでいたりはしたが
まだまだ街はやっとの感じで
五右衛門風呂に入り
台所は床と流しががあるタイル貼りの床が避けて
流しは斜めに外に傾き
ただ
ものすごく広くてモダンな洋間も一間あり
おもしろかった。

小学校一年生の時には
学級委員の松浦君家にカラーテレビがきたので
近所の皆でみたものだ。

そんな生活が
7年後の引っ越しで今現在良く見る形の家に住むことになり
クーラーがつくのは
その十年後だ。
世間は?涼しかったのだ。
窓に付けるウインドファンはついていた。

という劇的な変化の時代だった。

今はどうなんだろう

時代というのは
時の流れとは別な動きがあるものだ。
[PR]
# by unima | 2014-10-27 18:07 | ひとりごと

鹿にあった。

娘の友達を送っていったら
大きな角のオス鹿にあった。
うれしい!
今年は家のそばで小キツネに2回もあったし!
野生の動物に出逢うと
神様にあったようにうれしい

食べ物求めて降りて来る。食糧難とも云われるが

ワタシは単純に
出会いがうれしい。

でも熊とかだと
人間が驚いちゃって
銃で打たれたらいけないから
あんまり
出てきてと望まないようにする。

動物達の方が
驚いちゃってるんだけど。

大きな鹿はぷりぷりなお尻は白く
少し濃い色の茶色の背中
じぐざぐに
ぴょんぴょんと
山に帰ってった。

そうそう
大雨の後に
きれいなオスのキジにもあったんだった。
[PR]
# by unima | 2014-10-27 17:25 | ひとりごと

ケツアールさん屋上で

b0062335_735563.jpg

日曜日ケツアールさんの屋上で
パフォーマーのタムラくんと
バレエの大江さんと
ワタシで
踊りました。
ケツアールという鳥のお話を作って・・・
みんなで踊りました。
お客さんも交えて
くるくるくるくるく
まわりました。
愉しかった〜^-^

その後
けっこうな雨
記録映像を撮影している時
びしゃびしゃになりながら
語り踊り無事に撮影終了。
段ボールのパオはぐんにゃりバラバラ事件だ。
b0062335_7355631.jpg

屋上から
アフロヘアーのワタシは
道から上を見上げるおばあちやんたちに手を振った。
おばあちゃんたちも手を振ってくれた。
バギー押しながら歩くおばあちゃん
投げキッスくれた。
最高に素敵だ。
衣装とカツラはとてもいい。
皆の警戒心を解除。
キャッツみたいなメイクして
昭和の浴衣を着て
タライに水を張りスーパーボールを入れて
ひきずりながらヒロシマ駅の地下を
夏祭りの宣伝に歩いている時も
周囲のヒトは道ゆくヒトも皆にこやかだった。

普通の姿で
知らないヒトに声をかけると
一瞬みんな緊張するのに。

sayuri Ueda
[PR]
# by unima | 2014-10-27 07:35 | イベント

illustration/shadow show/pappets design/short story/Ilove art. And I want smile smile. hope no war.


by unima
プロフィールを見る
画像一覧